日々カル台湾

日々カルチャーショック in 台湾

日々カル

【ジェットスター】悪天欠航!払い戻してもらうには【まとめ】

 

現金(クレジットカードに)返金してもらいたい場合の対処法

お急ぎの方の為に、先に結論を記載しておきます。
 
欠航が確定すると、ジェットスターからメールが届きます。 

 

①メールに記載されている選択肢を無視!!
「以下の方法で対応するので選択せよ」との旨が記載されています。
・振替便予約
・バウチャー払い戻し
ここではどちらも選択しないでおきます。
  
②以下に問い合わせる
・空港スタッフ
・チャット
・コールセンター

するとクレジットカードに払い戻してもらえるそうです。 

 

▼確認したときのチャットです。

悪天欠航の際に振替便も選択せず、バウチャー払い戻しにも同意せずに担当者に連絡すれば、クレジットカードへの返金対応はできるが、一度バウチャー払い戻しに同意すると基本的にはクレジットカードへの返金はできないという理解であっていますか。
はい、そのご理解でよろしいかと存じます。

 

以上、お急ぎの方への簡単な手順でした。

 

詳しいことについては以下から解説していきます。

 

お時間のある方は目を通してみてください。


 

バウチャー払い戻しを選択すると・・・?

欠航連絡のメールには
 
・振替便(数日後の便)
・バウチャー返金
 
と、あたかも二択かのように記載されています
 
おそらく多くの方は数日後まで振替便を待つ時間の余裕は無いでしょう。
 
よってバウチャー返金を選ぶかと思います。
 
 
しかしバウチャーは期限付きなので使用する機会が無い場合はただの紙切れになります。
 

現金(クレジットカードへの)返金はしてもらえない

また、一度バウチャー払い戻しを選択すると、現金(クレジットカードへの)返金は基本的には不可能です。
 
バウチャー期限内にジェットスターを利用する機会が無かった場合、本来チケット代として支払ったはずの額は自動的にジェットスターに吸収されてしまいます。
 
支払った分は払い戻してほしいと問い合わせても基本的には対応してもらえません。
 
▼バウチャー選択→現金返金要請したときのチャット

恐れ入りますが、欠航不良(原文ママ)での欠航時には基本的にバウチャーでのご返金もしくは振替便でのご案内をさせていただいておりますので、ご案内が難しい状況でございます。
 

欠航時にご案内が可能なオプションとしましてメールにてご案内させていただき、バウチャーでのご返金をご了承の上お手続きを行っていただいておりますので、現金での返金をさせていただくことはできかねてしまいます。ご要望にお応えできず、申し訳ございません。
 
そりゃあ現金返金の方法を周知してくれなかったうえに四日後の振替便かバウチャーの二択だったら、バウチャー選ぶしかないでしょう・・・。
 
欠航時の状況は別記事にまとめてありますのでこちらもぜひどうぞ。
 

場合によっては返金してもらえる?

一度バウチャー返金を選択してしまっても、場合によっては対応してもらえることもあるそうです。
 
しかしその線引きはよくわかりません。
 
ですので現金で払い戻してほしければ始めからバウチャー選択をしない方が得策です。
 

欠航になってしまった場合は、フライトごとにオプションが異なる場合がございますが、基本的にバウチャー(弊社金券)でのご返金手続き、もしくは別のフライト(欠航便ごとに指定がございます)へ無料にて変更させて頂いております。
場合によってはご相談いただきお支払いいただいた方法(クレジットカードなど)へのご返金も承ることもございます。
 
私はイレギュラーでバウチャーから現金返金してもらうことができました。
 
その経緯をまとめた記事です。
 

バウチャー払い戻しの メリット デメリット

 

 

メリット

①数日以内に払い戻される
バウチャーは一週間以内にメールに添付されてきます。
 
対して現金(クレジットカードへの)返金は通常1~2か月ほどかかるとのことでした。
 
しかし実際に申請してみたところ、僅か5日で対応してもらえました。
 
詳しい経緯はこちらをご覧ください。
②新規予約の際に支払い手数料がかからない
 カスタマーサービスの方がこうおっしゃっていました。

お客様によっては、現金返金のオプションにも関わらず、バウチャーをご選択いただく場合もございます(新規ご予約の際に支払い手数料がかからないためお得だから)。
しかし疑問が残ります。
 
手数料は本来搭乗予定だった便を予約した際に既に支払っているので、
 
プラスマイナス0だと思うのですが、どういうことなのでしょうか・・・?
 
無理やりメリットを考えてみましたが、①②どちらも強いメリットにはなり得ないと思います・・・。
 

デメリット

①半年の使用期限がある
延長もできません。
②一回の予約で全額使用しないと損失が出る
バウチャー額(ex.20000円)>購入額(ex.15000円)だとしても差額(5000円)は返ってきません。
 

この場合ならバウチャーでも〇

つまり以下のような場合はバウチャー払い戻しでも損はないと思われます。

半年以内にジェットスター搭乗予定がある

 

かつ

 

搭乗予定の航空券代 ≧ バウチャー額(欠航便の航空券代)

 

 

 

まとめ

・現金(クレジットカードへ)返金を希望する場合はバウチャーを選択せずに、空港スタッフ、チャット、コールセンターに問い合わせる
・半年以内にジェットスター搭乗予定有&その航空券代が欠航便航空券代を上回る場合はバウチャー返金でも損はない
 
LCCはフルサービスキャリアに比べて少し物足りないところも、安さがカバーしていますよね。
 
せっかくお得に買ったチケットがパーになってしまったら元も子もありません。
 
安物買いの銭失いにならないよう、欠航時についてもしっかりと研究しておきましょう!