日々カル台湾

日々カルチャーショック in 台湾

日々カル

台湾大学華語中心③中級クラス授業レポ おすすめできない理由1/2

台湾留学 おすすめ 台湾大学

 

台湾大学の華語中心(以下台大と略します)に一学期(3か月)通いましたので授業レポを記しておきたいと思います。

 

 

中国語は9年前に始め、留学や現地での仕事を経ています。

 

ですのでそんなに「コミュニケーションができなくて困る」ということはありません。(かといって全然ペラペラではないです)

 

ですが、いつも同じような言い回しをしてしまうのが気になるというのと、ケンカに負けたくない()という思いがあって仕事の時間をやりくりして通うことにしました。 

 

「通い終わったら台大のおすすめ記事書こう~♪」なんて楽しみにしていたのですが、初っ端から問題だらけで正直に言うと、台湾大学の華語中心はまったくおすすめできません・・・

 


 

先におことわりしておきますが、台大に通っている生徒を嘲弄する意図はありません.

 

学校のシステムがあまりにもあれだったので、注意喚起も込めてありのままを書きます。

 

こんな人は要注意

以下のような人にはおすすめできません。

 

おそらくレベルに合うクラスが開講されずにテキトーなクラスに突っ込まれる可能性大です。

 

・ひととおり教科書が終わっている
 ※當代中文、遠東生活華語、迷你廣播劇、讀報學華語、看報學中文 など
・中国語検定2級くらいの会話能力がある
・ビジネス等で困らない程度に使えているが勉強し直したい

 

初級~中級の人(目安:ゼロから勉強して1年未満)からは悪い評判は聞きませんでした。

 

ですが学校の対応が好ましくなかったので、これから語学学校を選ぼうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 

 

 

腑に落ちないクラス分け

一つ前の記事(申請の流れとクラス分けテスト)にも書きましたがクラス分けまでは

 

申請書の情報→クラス分けテスト→面談の3ステップを経ています。

 

そして私の場合は面談終了時に高級クラスに入れてもらえるとのことでホッとしていたのですが、最終発表では中級クラスになっていました。

 

f:id:jamjamsand:20181004133817p:plain

 

7年前の留学(他大学)では高級レベルで終了しました。

 

それからは台湾で中国語を使って仕事をしてきているので、ボキャブラリーは増えているはずです。

 

中級レベルまで落ちているとは思えません。

 

できれば篇章選讀のクラスに入れてもらいたい。
でもちゃんとクラス分けのステップを踏んで中級なわけだから
もしかして台大のレベルは他大学とは比にならないくらい難しくて
中級でもちょうどいいとか・・・?
でも使用教材見てみたらやっぱり簡単すぎるなぁ・・・

 

二度目の面談

一人でぐるぐる考えていてもらちが明かないので事務局にメールを送り、開講前に二度目の面談をしてもらいました。

 

一度目(クラス分けの時)の面談の先生とは別の先生でした。

 

伝えられたのは

・生徒は自分ができていると勘違いしがち

・高級クラスは既に半年~一年通っている生徒達

・だから今期から通うようなあなたに高級クラスは無理

・初日は中級へ行け

・とにかくあなたには一番上なんて無理

 

お前ごときには無理と何回も念を押して、もともと無かった自信をさらにぶっ潰してくるスタイル。

 

台大で半年~一年勉強した人の方が
他大学で一年+中国語環境で働いてきた私より話せるってこと・・・?
台大どんだけすごいんだ・・・!?!?
何かおかしいけど仕方ないか・・・

 

初日は言われた通り中級クラスへ。

 

中級(中級ー中レベル)クラス

f:id:jamjamsand:20181003013347j:plain

<クラスメイト>
中国語歴半年前後
・中国語がままならないので英語混じり
・スピードを落として話す必要がある
・ペア会話練習は自分が小老師(アシスタント先生)状態

<授業>
・ペア会話練習(最後の7分)を除いてずっと単語説明
・単語「教育」「価値観」「青少年」などを各5分くらいかけて説明
・たまに単語に関連する話題を振ってくれる
・教育機関特有の強めの巻舌発音に矯正してくる 

 

▽点と線で絵を描きましょう!という場面。

f:id:jamjamsand:20181023175530j:plain

 

▽宿題

f:id:jamjamsand:20181119154432j:plain

 

 極めつけに「今の教科書が終わったら次はこれね」と見せられたのが、7年前に終わった教科書でした。

 

申請書にも使用してきた教科書は書いたし、二度目の面談でも念を押したはずなのに・・・

 

クラスメイト達も「なんでこのクラスなの?変だよね?」とザワつき、クラスのペースを乱しているようでもあり、申し訳ない気持ちにもなりました。 

 

 

もう一度クラス替えにトライ

その教科書は終わっていると二度も伝えましたよね。
明らかにレベルも合っていないと思います。
中国語を習いに来ているはずなのに、クラスメイトに教えている状態です。
もう少し上のクラスに移りたいのですが。

 

返ってきた答えは

・この上は高級クラス

・高級クラスは既に半年~一年通っている生徒達

・だから今期から通うようなあなたに高級クラスは無理

 

デジャヴ・・・!!!

 

奇妙なことに、二度目の面談の先生と全く同じことを言われました。

 

やっぱり何かがおかしい・・・。

 

高級クラスを聴講だけでもさせてくれと頼み込んだらすごく嫌そうな顔で渋々了承してもらえました。

 

高級クラスへ 

ここから聴講を経て高級クラスに編入します。

しかしそこでもおかしなことばかりでした。


・高級クラス授業レポ

・クラス替えバトル

・台湾大学をおすすめできない理由 です。

あわせてご覧ください。

 

台湾大学華語中心シリーズ

 

 

 

 



 台湾へ語学留学する前にふまえておきたいこと